探偵に依頼して掴んだ浮気の証拠の使いみち

探偵が手に入れた浮気の証拠で何ができる?

浮気調査は、探偵へ寄せられる相談の中でも非常に多い依頼内容になります。

パートナーが浮気をしている可能性があると判明した時、その証拠を探偵に掴んでもらおうと探偵に調査を依頼するのです。

しかし、浮気の証拠を掴んで終わりではありません。

むしろ浮気の証拠を掴んでからが、本当の勝負といっても良いでしょう。

探偵が手にいれてくれた浮気の証拠を最大限に活かしてこそ、依頼をした意味があるというものです。

そこで、探偵が手にいれた証拠で何が出来るのかまとめてみました。


離婚が可能になる・相手からの離婚を拒否出来る

浮気は法定離婚事由にあたる為、配偶者の不貞行為を理由に離婚を申し立てる事が可能です。

そのため、浮気をしたパートナーとはやり直す事が出来ない。

離婚をして新しい人生を歩みたい。

そう決断した場合、浮気をしたパートナーが同意をしなくても離婚を成立させる事が出来ます。

ただし、離婚を成立させる為には不貞行為をしたという証拠が必要になります。

この証拠は、メールのやり取りといった内容では不十分で、浮気相手との間に身体の関係があったと立証出来るものでなくてはなりません。

しかし、自分で入手出来る証拠だけでは、離婚を拒否している相手と別れる事は難しいのが現実。

その点、探偵が手にいれてくれる証拠は、調停や裁判でも有効となる内容が前提となります。

つまり、探偵の手にいれた浮気の証拠を使えば、離婚を拒否している相手とも別れる事が可能となるのです。

また、反対に浮気をされてもパートナーと別れたくない、やり直したいと考える人もいるでしょう。

実は離婚は、基本的に有責配偶者から申し立てる事は出来ません。

ですから、探偵の手にいれた浮気の証拠で相手の不貞行為を立証すれば、相手から離婚を切り出されたり、調停や裁判を起こされても離婚を拒否する事が出来ます。


配偶者、浮気相手共に慰謝料の請求が可能になる

配偶者が浮気をした場合、配偶者本人にはもちろんのこと、浮気相手にも慰謝料を請求する事が出来ます。

この慰謝料は、離婚をした場合と比べて相場は低くなりますが、配偶者と離婚をしなくても請求可能です。

ただし、この慰謝料の請求にも不貞行為があったと分かる証拠が必要になります。

探偵が手にいれたホテルの出入り写真等があれば、問題なく慰謝料を請求出来るでしょう。


内容証明の送付、誓約書の作成等にも役立つ

探偵の浮気調査で手にはいる証拠は、密会現場の写真などだけではなく、浮気相手の個人情報も含まれます。

浮気相手の名前や住所、勤務先といった事まで調査する事が出来るのです。

こうした個人情報と不貞行為があったという証拠を使えば、浮気相手に内容証明を送付したり誓約書を作成する事が可能です。

内容証明郵便では、交際中止を求めたり、慰謝料を請求したり、その他配偶者と浮気相手に対する自分の主張を知らせたりすることができます。

ここでポイントとなるのは、内容証明郵便で送付すると、「それらの主張をした」ということを郵便局が記録に残してくれること。加えて、この浮気問題に対する自分の本気度を知らしめ、プレッシャーを与えることもできます。

また、浮気関係にある二人を戒めるため、別れさせるために探偵の手にいれた証拠を使って誓約書を作成するという手もあります。

探偵に浮気調査を依頼すると費用はかかりますが、素人には難しい裁判でも通用する浮気の証拠を手にいれる事が出来ます。

その証拠を有効に使えば、離婚をするしないの決定権を得られると同時に、慰謝料の請求等、探偵に支払った以上のモノを手にする事が出来るでしょう。


関連する記事

Copyright (C) 千葉で低料金の探偵の選び方 All Rights Reserved.